多汗症を治す方法 脇

顔、ワキ、手などから滝の様に大量の汗が出て、止まらない。そんな汗でお悩みの人はいませんか。それは多汗症かもしれません。
MENU

そもそも多汗症って?対策は?

 

 

 

顔、ワキ、手などから滝の様に大量の汗が出て、止まらない。

 

そんな汗でお悩みの人はいませんか。それは多汗症かもしれません。

 

 

多汗症は普通の汗っかきとは違い、体温調節に必要な量以上の大量の汗が全身または局所から出てしまう状態をいいます。

 

多汗症になると、人の目が気になって余計に汗をかく悪循環に陥ったり、服が濡れてしまうほど汗をかくために汗染みに悩まされ、常に服の替えを持ち歩かなければならないなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

 

 

手や顔が多汗症になっってしまった場合は、人前にでる職業や人や食品に触れる職業に就きにくくなるなど、労働の場が限定されてしまい、本来やりたかった仕事を諦めざるを得ないことにもなりかねません。

 

多汗症の原因は諸説あります。ストレスからくる自律神経の乱れ、偏った食生活や生活習慣の乱れ、遺伝などがあげられています。

 

 

そんな多汗症を治す方法はあるのでしょうか。 多汗症を治療する場合、最初に受診するのは皮膚科、内科、形成外科などが適しています。

 

病院では手術、レーザー照射、ボトックス、薬、サプリメントなどの治療方法があります。手術やボトックスなどの効果は3ヶ月〜半年ほどなので、くり返しの治療が必要となります。

 

 

自分でできる対策としては、生活習慣の見直し、ツボ押し、制汗スプレーの使用などがあげられます。

 

ツボ押しについては、この記事が参考になると思いますよ。

 

>>>自宅で簡単にできる額汗を止めるためのツボ?

 

自作のミョウバン水や重曹水も対処療法としては効果的です。 動機や体重減少などがみられる場合は、他に病気が潜んでいる可能性もありますので、自分の多汗症の原因がどこから来るものかをよく見極め、予算や原因に見合った適切な治療をすることが最も大切です。

 

 

 

 

このページの先頭へ