足汗を止める方法

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、足にある汗腺は、おもにエクリン腺となります。実は、エクリン腺は、99%が水分であり、残りの1%が塩分などの成分からできていますので、ニオイはありません。
MENU

足汗を止める方法について

 

 

 

靴の中は蒸れるし、ニオイも強烈なので、足汗で悩む人は少なくありません。

 

そもそも人間の身体には、汗が出る汗腺が存在しており、足や手、脇の下などが、特に汗腺が多い場所となります。そして、汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、足にある汗腺は、おもにエクリン腺となります。実は、エクリン腺は、99%が水分であり、残りの1%が塩分などの成分からできていますので、ニオイはありません。  

 

エクリン腺にニオイはないのですが、足の裏は雑菌が繁殖しやすい場所となります。靴や靴下で、常に温めらた状態です。足裏から汗が出て、雑菌が繁殖することに加えて、皮膚の皮脂や垢などが混ぜ合わされてしまい、強烈なニオイを発するようになるのです。  

 

 

気になる足汗を止める対策法のひとつに、制汗剤が挙げられます。

 

足の臭いニオイは、前述しましたように、汗が雑菌や皮脂などと混ぜ合わさることによって、引き起こされますので、ニオイの要因となる汗を抑えることができれば、大幅に臭わなくなるというわけです。足汗を止めるには、足汗専用の制汗剤を使用することをおすすめします。  

 

 

足の汗専用の制汗剤には、汗を強力に抑える、パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が配合されています。また、ニオイの原因となる菌を、徹底的に殺菌する効果のある、イソプロピルメチルフェノールも配合されています。そのほかにも、抑臭・制汗効果の高い天然植物エキスなども配合されています。

 

敏感肌の方でも安心して使用することができる、天然成分配合の無添加の制汗剤も存在しています。  

 

 

厄介な足汗なのですが、人間の身体にとって汗を出すということは、必要不可欠です。人間の足の裏からは、1日にコップ1杯分、約200CCの量の汗をかいています。特にブーツなどを履く季節になると、靴の中が蒸れやすくなり、靴下も臭くなります。

 

それらを予防するためには、汗を抑えるということがポイントとなります。その汗の影響で、雑菌が繁殖してニオイの原因となるばかりでなく、水虫の原因にもなり得るからです。  

 

足汗を止める対策法として、汗腺をとる手術も存在していますが、高額な費用がかかります。そこで、おすすめしたいのが足汗専用の制汗剤となります。

 

夜寝る前、入浴後、外出前などに、足の裏にさっと塗るだけの簡単ケアですので、時間もかかりません。使い続けていくうちに、汗の量が減り、靴の中敷きや靴下の湿気を、激減させることができるアイテムです。

 

 

このページの先頭へ